• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR南武線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR南武線川崎駅にあるラ チッタデッラ

    「JR南武線」の沿線には商店街と飲食店がぎっしり並ぶ

    JR南武線は川崎市から立川市までをつなぎ、乗換駅も多い首都圏の重要な路線です。南武線の沿線にはどういった街が広がっているのでしょうか。南武線沿線の街の特徴と飲食店の傾向を紹介します。

    川崎市を縦断し立川市までをつなぐ利便性の高い路線

    JR南武線の路線図

    (引用:南武線|Wikipedia

    JR南武線は、川崎市を縦断し立川市までをつなぐルートから、川崎市内の移動手段としても利便性が高く、首都圏の環状線の1つとしても重要な路線です。

    もともと南武鉄道株式会社が運営していた路線を昭和19年に国鉄が買収し、路線名称として南武線の名前が残り現在のJR南武線に至ります。

    JR南武線は、川崎市川崎区の川崎駅を起点として、幸区の尻手駅、横浜市鶴見区の矢向駅を通り、幸区の鹿島田駅を通過したあと中原区に入り、平間駅、向河原駅、武蔵小杉駅と北上します。ここから北西へと進路を取り、緩やかに北上するルートになります。武蔵中原駅、武蔵新城駅、武蔵溝ノ口駅と中原区内の駅を通り、高津区の津田山駅と久地駅、多摩区の宿河原駅、登戸駅、中野島駅、稲田堤駅と続きます。ここからは川崎市を出て、東京都稲城市です。矢野口駅、稲城長沼駅、南多摩駅と通ったあと、続いて府中市へと入り、府中本町駅、分倍河原駅、西府駅を通ります。国立市に入り、谷保駅、矢川駅、西国立駅のあと、終点の立川駅のみが立川市です。

    このように、JR南武線は川崎市を縦断し立川市までをつなぎます。多くの利用客があり、都心から放射線状に伸びる複数の路線と交差するため乗り換えにも便利な路線です。

    南武線は多摩川沿いを走ることもあり、沿線には落ち着いた雰囲気の住宅街が多いのも特徴です。沿線では近年再開発が進み、新たに生まれ変わっている街がある一方、昔ながらのゆったりした雰囲気をそのままに残す街もあります。こういった動と静が1つの路線で結ばれている点も、JR南武線沿線の魅力と言えるのではないでしょうか。

    そういった魅力から沿線には人が集まる要素が多く含まれ、飲食店の連なる商店街も少なくありません。JR南武線沿線を3つのエリアに分けて、それぞれの飲食店の傾向を紹介していきます。

    川崎駅周辺にはいくつもの商店街とイタリアンな街並み

    川崎駅は、川崎市の中心駅であり、古くから市の中心地と栄えた場所にあります。そのため、周辺には多数の商店街があり、大きな車道となった通りにも形を残している商店街もあります。

    仲見世通商店街は、川崎市の代表的な商店街の1つです。全国的に有名な「仲見世通り商店街」は飲食に特化した商店街としても知られています。多くの飲食店が軒を連ねる通りの敷石には、イタリア産の自然石が使われていることも仲見世通商店街の特徴の1つで、昔ながらの商店街の中に欧州の雰囲気を感じさせます。

    川崎駅東口から少し南側に位置するラ チッタデッラは、建物も含めイタリアをモチーフにした街並みを形成しています。その街並みに似合うイタリアンのお店が多く、本格的なレストランから気軽に入れるライトな雰囲気の店まであり、幅広い層が訪れます。

    37番街の別名を持つ川崎駅前大通り商店街は、仲見世通商店街と並行する新川通りに面した商店街です。駅前の大通りとして激戦区のなか、ラーメン店や寿司屋、中華料理、居酒屋など飲食店も多数並んでいます。

    このほかにも、川崎駅周辺にはいくつもの商店街があり、どの方面に進んでも飲食店が多い巨大なグルメスポットと言えるかもしれません。

    尻手駅~向河原駅には住宅街と昔ながらの商店街

    尻手駅から向河原駅までの間には、住宅街と昔ながらの面影を残す商店街が多いのが特徴です。

    尻手駅の尻手銀座商店街、鹿島田駅のかしまだ駅前通商店街、平間駅の南武通り商店街、向河原駅の向河原商栄会など、にぎわいを見せる商店街がたくさんあります。

    こういった落ち着いた街並みに溶け込む飲食店は、地元住民から愛され長く続いている店が多い傾向にあります。

    武蔵小杉駅~武蔵溝ノ口は再開発の進むエリア

    武蔵小杉駅周辺は、再開発によりタワーマンションが並び商業施設も充実しています。人口が急増して人気のエリアとなり、それに伴い新たに飲食店を開店させる場所としても狙い目です。

    武蔵溝ノ口駅周辺は、一足先に再開発が一段落し、大型商業施設と行政サービスの複合施設を中心に整った開放感のある街になっています。

    駅東側のポレポレ通りは、複合ビルが立ち並び居酒屋やおしゃれなランチの店などが多いのが特徴です。新しく飲食店をオープンするには溶け込みやすい場所と言えるでしょう。

    一方、駅の西側には昔ながらのレトロな飲み屋街が残り、ディープな空間として人気を博しています。昔ながらの雰囲気を演出して新規開店すると溶け込みやすいのではないでしょうか。

    JR南武線の沿線は全体に飲食店が豊富な街が多い

    JR南武線の特徴と沿線の飲食店の傾向について紹介しました。南武線の沿線には、昔ながらのレトロな商店街からイタリアンな雰囲気をまとう商店街、レトロな飲み屋街、再開発によって生まれ変わった新たな街並みなど、多種多様な商店街が存在します。どの商店街も飲食店が豊富で、商店街として集客力を持っているのが特徴です。飲食店を新規開店するなら、どの駅にするかと同時に商店街の雰囲気も合わせて考えるといいでしょう。

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR南武線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR南武線沿線の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!