• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR総武線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR総武線御茶ノ水駅の画像

    「JR総武線」は人気エリア・都心・ベッドタウンを結ぶ利便性と多彩な魅力に富む路線

    JR総武線は東京の三鷹から都心を通り、千葉までを結ぶ主要な通勤・通学路線の一つです。乗り換えの利便性が良いため、東京都心部を中心として各地へ出かける際にも重宝する路線として知られています。総武線は「中央線・総武線各駅停車」として表示されることもあり、中央線と重なる駅も多数存在しています。多様な乗降客の利用が想定され、集客に強い路線ともいえるでしょう。ここでは出店計画の参考となる、JR総武線沿線の主なエリア情報を紹介していきます。

    総武線沿線のエリア情報

    JR総武線の路線図

    JR総武線は三鷹~新宿~御茶ノ水~千葉を結ぶ、首都圏の主要路線の一つです。運行本数が多く乗り換えがしやすいため、非常に利便性が高い路線として知られています。沿線上には高円寺、阿佐ケ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺といった「住みたい街ランキング」上位の駅が多く存在し、若い世代からの利用率も高くなっています。

    首都東京の副都心新宿や四ツ谷・御茶ノ水・秋葉原など日本の中心部と、生活の場となる街をつなぎます。車窓には、三鷹の森や人気の街並み、大都市部、広大なベッドタウンへと、バラエティに富んだ風景が広がる魅力的な路線です。

    また、JR総武線では、山手線・中央線・東京メトロ東西線を始めとする数多くの路線との乗り換え客が見られます。中央線・総武線各駅停車の1週間利用者は1,027万人、うち男性が58.6%、女性が41.4%という割合です。利用者の53.8%は東京都居住、30.8%が千葉県居住という内訳となっています。

    人気の街・吉祥寺をはじめ中野駅までのエリア

    三鷹駅周辺は、交通の利便性や自然環境にも恵まれた良好な土地柄として人気があります。

    三鷹駅周辺の主な観光スポットは、以下の通りです。

    ▶︎ 井の頭恩賜公園

    ▶︎ 三鷹の森ジブリ美術館

    ▶︎ 太宰治文学サロン

    ▶︎ 井の頭自然文化園

    吉祥寺をはじめ、荻窪や中野、高円寺、阿佐ケ谷、西荻窪など、東京近郊「住みたい街ランキング」の常連で、全国的な知名度を誇ります。

    中野はサブカルチャーの街として、遠くから訪れる人も多く、高い集客性があります。このエリアの各駅周辺には若者を中心とした居住者が多くみられますが、奥に進むほど古くからの住宅街が広がり、シニア層も集客ターゲットとして考えられるでしょう。店舗の性格や立地次第で、幅広い層にアプローチできる可能性があります。

    新しい文化と古い文化が融合し、独特の雰囲気をもつ街が多いのがこのエリアの特徴です。古着屋さんがたくさんある高円寺、古書店が多い荻窪、骨董店が多い西荻窪、そしておしゃれなカフェなど小規模な店舗が多数ある一方、「吉祥寺PARCO」「アトレ吉祥寺」「ルミネ荻窪」「ビーンズ阿佐ヶ谷」「アトレヴィ三鷹」などの近代的な商業施設も充実しています。

    若者向けには駅周辺、住宅エリアであればファミリー層やシニア層向けの店舗にするなど、計画の方向性により多様な集客が十分に期待できます。

    乗降客数が多い新宿や秋葉原、四ツ谷・御茶ノ水エリア

    総武線では、ターミナルを除いた乗降客数で、秋葉原が乗降客数第一位となっています。

    首都圏中心部エリアには、副都心の新宿駅、「上智大学」「お茶の水女子大学」「東洋学園大学」「専修大学」「順天堂大学」などを始めとする教育施設の多い四ツ谷駅・御茶ノ水駅界隈や、電気街・サブカルチャーの聖地として世界中から集客がある秋葉原駅があります。

    どの駅でも集客が期待できますが、立地の選び方により、ビジネスマン、学生、買い物客などターゲット層への工夫が必要です。このエリアの競争は非常に激しいですが、個性を生かした店舗づくりに成功すれば、大きく集客できる可能性もあるでしょう。

    エリアの特徴として、昼間人口と夜間人口の差が大きいことが考えられるため、そうした点にも考慮した出店計画が求められます。

    秋葉原駅周辺の主なランドマークには、以下のようなものがあります。

    ▶︎ アトレ秋葉原

    ▶︎ ヨドバシAkiba など

    新宿駅周辺の主なランドマークは、以下の通りです。

    ▶︎ 東京都庁

    ▶︎ 伊勢丹

    ▶︎ 新宿アルタ

    ▶︎ 小田急百貨店

    ▶︎ 高島屋 など

    異なる色を持つ錦糸町・小岩・市川・船橋・千葉駅周辺エリア

    かつて繁華街のイメージが強かった錦糸町。現在は再開発によって、東京でも有数のビジネス街へと変貌をとげています。また、錦糸町駅周辺では転入の増加傾向が見られ、居住地としての魅力も再発見されているようです。特に若い層での転入が顕著であるため、ビジネス向け・若者層をターゲットにした店舗出店の両方に可能性があると考えられます。

    小岩駅周辺は、昭和レトロなたたずまいの商店街が残り、東京にありながらのんびりした風情を感じられます。子育て世代に住みやすい街として、人気が再燃しています。

    市川市は東京のベッドタウンとして、再開発により駅周辺が近代的に整備されました。高級感のある住宅街が広がり、文教都市としての側面も見られます。

    「ららぽーとTOKYO-BAY」や「IKEA Tokyo-Bay」があることで認知度の高い、船橋。船橋駅周辺の南側には小規模店舗が並び、にぎわいがある一方、北側は比較的静かな居住区が広がっています。このエリアに対しては、首都近隣からの大規模店舗への集客を活用する、また、住民向けのアットホームな店舗計画をするといった多様な方向性が検討できるでしょう。

    千葉駅は、県庁所在地として、県内の鉄道網におけるメインターミナルです。千葉都市モノレール、京成千葉駅が近接するなど、利便性が高いのが魅力です。

    千葉駅周辺の主なランドマークは以下の通りです。

    ▶︎ ペリエ千葉

    ▶︎ 京成ホテルミラマーレ

    ▶︎ オーロラモール ジュンヌ

    千葉市は100万人近い人口で世帯数も多く、ファミリー向け、単身者向け、若年から高齢者層までと、ありとあらゆるタイプの店舗に可能性が考えられます。市の規模を活かしたうえで、都心とは異なるタイプでの事業に検討の余地がありそうです。

    まとめ:各駅の個性を見極めた出店計画を

    総武線沿線には、田園・大都心・ベッドタウンとまったく異なる個性が駅ごとに存在しています。どのような店づくりを希望しても、必ず当てはまる立地が見つかるでしょう。総武線自体は乗り換えも多く、利便性に優れた路線です。乗り換えの乗降客も多いため、そうした点に注目することも店舗計画のヒントとなるかもしれません。理想とする店舗イメージを明確にし、最適な立地を探していきましょう。

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR総武線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR総武線沿線の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!