【飲食店】居抜き店舗の造作譲渡・売買のお手伝いをしています。

【飲食店】居抜き店舗の
造作譲渡・売買の
お手伝いをしています。

飲食店を居抜きで造作譲渡・売買したい方へ スピード売却、秘密厳守、豊富な実績、独自ノウハウ
飲食店を居抜きで造作譲渡・売買したい方へ スピード売却、秘密厳守、豊富な実績、独自ノウハウ

居酒屋・ラーメン店など飲食店の
移転・閉店・撤退をお考えなら
賃貸借契約の解約届を
出す前にお読みください!

賃貸借契約通りに原状回復工事
(スケルトン工事)をすると

原状回復工事(スケルトン工事)

賃貸借契約には、必ずといっていい程、原状回復義務に関する規定があります。これは、物件を明け渡す際に、自己の責任と負担で原状に復して(造作物等を撤去して建設時のスケルトン状態に戻す。)返還する義務のことを言います。原状回復工事の費用は、諸条件にもよりますが、一般的に坪8~10万かかってしまうため、大きな出費となってしまいます。結果、預けている保証金では足りず、新たに費用を持ち出すこととなってしまうケースもあります。

居抜きで造作譲渡・売買をすると

居抜きで造作譲渡・売買

原状回復義務を次の借主が承継することになるので、工事費がかかりません。また、売却代金を得ることができるので、結果として手元に残るお金がプラスとなります。通常に閉店した場合と比較すると金銭的に大きな違いがあることが分かります。

あなたのお店も居抜きで
造作譲渡・売買できるかもしれません。

大家さん、不動産屋さんに
連絡する前にご相談ください。

普通に閉店した場合 【例】保証金200万円、家賃20万円、解約時保証金償却40万円、解約までの期間6か月の場合

BEFORE
AFTER

スケルトン状態に原状回復

マイナス

-600,000
最終的な精算

閉店コスト

保証金 2,000,000円
原状回復工事 -1,000,000円
退去までにかかる家賃
(※6か月分)
-1,200,000円
保証金償却 -400,000円
売却代金 0円
合計
-600,000円

居抜き物件として
売却した場合 【例】保証金200万円、家賃20万円、解約時保証金償却40万円、居抜きで後継テナントがすぐ決まった場合

BEFORE
AFTER

造作・備品をそのまま売却

プラス

+3,100,000
最終的な精算

居抜き物件として
購入希望者に売却

保証金 2,000,000円
原状回復工事 0円
退去までにかかる家賃 0円
保証金償却 -400,000円
売却代金 +1,500,000円
合計
+3,100,000円

とは違う 居抜き市場の特徴

  • POINT

    01

    独自の募集システム!

    独自の募集システム!

    造作譲渡・売買を成功させるためには、いかに情報の鮮度を落とさず、水面下で多くの買手候補を見つけるかがポイントになります。
    しかし、多くの業者では、情報をWEBサイトに掲載して買手候補からの問合せを待つだけという一辺倒な方法しか行っていないのが現状です。居抜き市場では、買手候補への複数のアプローチ方法を体系化して、成約率の向上に努めております。

  • POINT

    02

    他社で買い手が付かなかった案件の売却事例多数!

    他社で買い手が付かなかった
    案件の売却事例多数!

    他社でのこれまでの募集の経緯・内容、居抜き店舗の状態などを確認した上で、個別に最適な募集の方法・スケジュールを組み立てていきます。買い手がつかなかった=ニーズがなかったとは必ずしも言い切れず、募集・買い手候補へのアプローチ方法、募集対象となる居抜き店舗の魅力をどう伝えるかなどの検討が不十分だったことが原因となることもあります。あきらめずにご相談ください。

  • POINT

    03

    買取り希望者数 業界No.1〇〇〇名!

    買取希望 会員数No.1
    73,999

    弊社は、居抜き店舗で出店を希望する方に向けた居抜き物件情報サイト「居抜き市場」を運営しており、常に最新の出店希望者(買取り希望者)のリストを保持しています。また、買取り希望者に対して弊社営業がダイレクトに連絡をして情報収集することでこれらのリストの精度を高めております。その他、複数の提携業者やチェーン店の店舗開発担当など幅広くアプローチすることも可能です。

飲食店の 造作譲渡・売買の事例

  • 外苑前駅、韓国料理店
    530万で売却

    外苑前駅、韓国料理店
  • 蒲田駅、ラーメン店
    500万で売却

    蒲田駅、ラーメン店
  • 虎ノ門駅、イタリアン
    450万で売却

    虎ノ門駅、イタリアン
  • 末広町駅、ラーメン店
    350万で売却

    末広町駅、ラーメン店

居抜き市場にて造作譲渡・売買のお手伝いができるエリアは、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)となっております。また、事例でご紹介した駅や飲食業態以外も幅広く取り扱い豊富な実績がございます。飲食店の移転・閉店・撤退をお考えの方、居抜き店舗にて造作譲渡・売買をお考えの方は、是非、居抜き市場にお問い合わせください。居抜き市場の専門スタッフが最後まで全力でサポートいたします。

飲食店の 造作譲渡・売買の
よくある質問Q&A

居抜き市場に問合せの多かった飲食店居抜き店舗の造作譲渡・売買に関する質問です。

Q 現在、営業している居酒屋の移転を検討しています。
移転先の物件を探すとともに既存のお店の売却をすることができますか?
A 可能です。既存店を売却してから移転先を探す方法と、移転先を決定してから既存店を売却する方法があります。
それぞれにメリット・デメリットがございますので、是非、ご相談下さい。
Q 他社に居抜き店舗売却の依頼をしているのですが、一向に連絡が来ません。
もう諦めた方が良いのでしょうか?
A 他社に依頼をしてなかなか買い手がつかなかった案件を数多く取り扱い成約に導いています。
是非、諦めずにご相談下さい。
Q 現在、契約している物件は、スケルトン状態から入居しています。
そういった物件でも造作譲渡は可能でしょうか?
A 貸主の承諾が得られれば、造作譲渡が可能となります。
居抜き市場では、居抜き店舗専門の不動産会社として培ったノウハウを生かし貸主や不動産管理会社との交渉・調整を代行致します。
Q 居抜き店舗の造作譲渡・売買を専門とする会社やサイトが多いです。
複数の会社に依頼をした方が早く決まるものなのでしょうか?
A 複数の会社に依頼することで情報が出回り居抜き店舗の価値が下がるリスクがあります。
一度、価値が下がってしまうとなかなか上げることができず、売却に至るまでに長期化してしまうことが多いです。
売却先が決まらなければいずれ一般に広く出回ることになるので、まずは依頼する会社を最小限に絞る必要があります。
Q 造作譲渡・売買の対象となる飲食店の業態を教えて下さい。
A 居酒屋、和食店、ラーメン店、うどん・そば店、イタリアン、フレンチ、洋食店、中華料理店、焼肉店、カフェ・喫茶店、バーなど一般的な飲食店が対象となります。
【飲食店】居抜き店舗の造作譲渡・売買 HOME