• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR相模線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR相模線の画像

    「JR相模線」沿線は発展が約束されている?街の開発と飲食店の傾向

    JR相模線の沿線にはどういった街が広がっているのでしょうか。JR相模線の沿線にある街を3つのエリアに分け、各エリアの雰囲気と飲食店の情報を相模線の特徴とともに紹介します。街の開発によって見込まれる今後の発展の様子を交えてお伝えします。

    茅ヶ崎市と相模原市を南北に結ぶローカル路線

    JR相模線の路線図

    (引用:GO!GO!相模線

    JR相模線は、当時の相模鉄道が開業した土木資源輸送路線が前身です。昭和19年に国有化され、その後国鉄民営化に伴いJR相模線として定着し、ローカル路線として長く愛されてきました。

    相模線は南北にほぼ一直線なルートです。茅ヶ崎駅を出発すると、北茅ヶ崎駅、香川駅と茅ヶ崎市内を北上します。寒川町に入り寒川駅、宮山駅、倉見駅と続きます。ここから海老名市に入り、門沢橋駅、社家駅、厚木駅を通り、海老名市の中心駅でもある海老名駅に着きます。次の入谷駅は、JR相模線で唯一、座間市にある駅です。続いて相模原市に入り、相武台下駅、下溝駅、原当麻駅、番田駅、上溝駅、南橋本駅と通り、終点の橋本駅へと到着します。

    JR相模線はこれら18の駅がありますが、そのうち8駅ほどが無人駅となっています。また、全線が単線で、基本的に電車がすれ違うことはありません。

    利用者数がそれほど多い路線ではなかったため、大きな投資がないままで運営されてきた相模線ですが、近年は状況が変わりつつあります。沿線の住宅が増加したことにより、1987年に9,200人だった利用者数は2019年に29,000人と3倍以上に増加し、運行本数を増やすため複線化を望む声もあがっています。

    2021年は相模線の路線開業から100周年にあたり、記念として各種イベントも開催されました。30年ぶりに新型車両が登場し、利用者数の増加も含め注目度の上昇値が大きい路線と言えます。

    このようにJR相模線は、沿線の街が発展したことによって大きな変化のときを迎えています。沿線の街の人口が増えることで、駅周辺の飲食店事情にも変化が生まれています。それぞれに飲食店の多い3つの駅周辺の情報を紹介します。

    茅ヶ崎駅周辺には人気観光スポットからディープなラーメン横丁まで

    相模線の南側の起点となる茅ヶ崎駅の周辺は、市街地エリアと海沿いのエリアで2つの表情を持ちます。

    市街地エリアは地元住民の生活圏として、駅を中心に商業施設が並びます。駅北口西側には茅ヶ崎エメロードと呼ばれる商店街があり、居酒屋や飲食チェーン店が多数あります。

    茅ヶ崎中央通りから路地に入ると、特徴的な横丁が続きます。元町ラーメン横丁、元町アジアン横丁、元町美とグルメ横丁、元町寄り道横丁、元町えきちか横丁など、それぞれに魅力たっぷりの飲食店街があり、訪れる人を飽きさせません。

    駅から南側の海沿いへ足を運ぶと、ビーチに隣接したおしゃれな飲食店が多いエリアです。創作ハワイアンフードのレストラン、ビーチを眺めながら本格コーヒーを味わえるコーヒー専門店、イタリアンとケーキが人気のカフェなど、特色あふれる個人経営店が海に面して並んでいます。

    海老名駅の周辺は新しい街づくりが進む

    JR相模線の海老名駅と小田急相模線の海老名駅とは、スカイウォークでつながっています。このスカイウォーク沿いは、ビナガーデンズテラスと名付けられたオープンな雰囲気の飲食店街になっています。おしゃれなカフェやレストラン、居酒屋が並び、さまざまな層でにぎわっています。

    駅前通りは整備され、広めに取られた歩道沿いにおしゃれな飲食店が多いのが特徴です。一方、駅の周辺は開発途中で、これからさらに発展していくと予想されます。

    駅から少し離れると個人経営で長く続く飲食店も多く、地元住民を中心に人気を集めています。

    橋本駅周辺は相模原市の中心地として多くの人が集まる

    橋本駅周辺には「ミウィ橋本」「イオン橋本」「SING橋本」「アリオ橋本」「ラ・フロール」など多くの商業施設が密集しています。この中にはおしゃれなカフェやレストランもあり、多くの人が訪れています。

    橋本駅の北口を中心に、東西に広がるのが橋本商店街です。40を超える飲食店があり、七夕まつりやハロウィンでにぎわう商店街として知られています。日本酒とワインのバールや本格インドカレーの店、豆腐料理やハワイアンレストランなど、多種多様な飲食店が集い商店街の魅力を作り上げています。

    橋本駅はリニアモーターカーの駅が建設されることでも一躍注目を浴び、今後さらに発展することが予想されます。

    JR相模線の沿線はこれから人の増える可能性がたっぷり

    JR相模線の特徴と魅力、人の多く集まる3つの駅の周辺情報を紹介しました。JR相模線は南端の茅ヶ崎駅は茅ヶ崎市の中心、北端の橋本駅は相模原市の中心にあり、2つの主要な商業圏を結んでいます。ビーチが有名な茅ヶ崎には関東全域からの観光客も多く、リニアの駅ができる予定の橋本駅はさらに発展していくことでしょう。その中間にある海老名駅も含め、相模線沿線の街は今後多くの人が集まるエリアとして発展していくと予想されます。

    JR相模線の駅

    JR相模線の駅

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  JR相模線沿線 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    JR相模線沿線の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!