• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  横浜市保土ケ谷区 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    	横浜市保土ケ谷区	のイメージ画像

    横浜市保土ケ谷区

    横浜市保土ケ谷区ってどんなエリア?出店前にチェックしておきたいポイント

    横浜市18区のひとつである保土ケ谷区は、起伏に富んだ丘陵地からの眺めが魅力的なエリアです。区域内には2つの川が流れ、江戸時代には宿場町として、明治以降は近代水道の中心として栄えてきました。早くから工業化が進みましたが、現在はビジネスパークや住宅地として生まれ変わっています。交通機関、道路事情ともアクセスに優れ、暮らしやすさには定評があります。ここでは横浜市保土ケ谷区の知られざる魅力と、出店に際してのポイントを解説していきます。

    横浜市保土ケ谷区のエリア情報

    保土ケ谷区の基本情報

    保土ケ谷区は横浜市18区のひとつで、横浜市のほぼセンターに位置しています。丘陵部と帷子(かたびら)川・今井川の流域からなる地形が、起伏のある景観を作り出しています。総面積は21.81キロ平方メートルで、横浜市全体のなかでは第11位の広さです。

    2019年2月現在の人口は20万5,291人、平均年齢46.0歳で横浜市全体の平均年齢44.7歳をやや上回ります。65歳以上の割合は25.2%で、こちらも横浜市全体(23.1%)より高めです。

    しかし、横浜国立大学が立地しているため、昼間は学生の姿も目立ちます。昼夜間人口比率は84.0%で、都心への流出が多いと考えられます。

    保土ケ谷区は、東海道五十三次の4番目の宿場町「程ヶ谷宿」に由来する歴史のあるエリアです。また近代には水道や工業の中心地として、栄えてきました。その後、工業地帯はオフィス街へと転用されています。

    1927年(昭和2年)の区制施行で、鶴見区、神奈川区、中区、磯子区とともに保土ケ谷区が誕生。2017年に区政90周年を迎えました。

    保土ケ谷区のスポット情報

    保土ケ谷公園

    人気の長いすべり台を始め、園内各所に遊具スペースがあります。野球、サッカー、ラグビー、テニスといったスポーツを楽しめるほか、運動広場やピクニック広場で自由に遊びながらお弁当を広げられ、休日は家族連れでにぎわいます。公園内の「かながわアートホール」では、神奈川フィルハーモニーの練習風景を見学することもできます。

    天然温泉 満天の湯

    上星川駅前の大衆温泉。岩風呂や打たせ湯、漢方炭酸湯などさまざまな入浴が楽しめる人気スポットです。隣接する駐車場からは、ぬれずに入場できるので雨の日も安心です。

    横浜市児童遊園地

    自然豊かな「環境活動支援センター」、「英連邦戦死者墓地」などがあります。巨大な敷地を有し、春の桜、秋には紅葉、さらに温水プールと一年を通して楽しめます。

    保土ケ谷区の文化・史跡

    横浜市西谷浄水場

    近代水道の歴史を伝える「水道記念館」や桜並木が見どころです。宝形屋根やれんが造りの美しい建物は一見の価値があります。夏限定で子どもが遊べる「ジャブジャブプール」が提供されています。

    旧帷子橋跡

    旧東海道・程ヶ谷宿の街道が追分から直進するよう改造された際に、帷子川に架けられた橋として知られています。1964年(昭和39年)に帷子川の治水により、現在の位置に付け替えが行われました。

    保土ケ谷区の特徴

    保土ケ谷区は坂道が多く、良い景色を眺められる場所がたくさんあります。交通の要所であった歴史的な背景がありつつも、現代生活に利便性がある住みやすい街となっています。

    工場撤退後に大規模再開発が進められ、区画整理が行われました。その反面、住宅団地のような居住エリアにも自然が多く、農業地ではキャベツやジャガイモを生産しています。住宅とビジネス、そして自然が程よく融合しているエリアと言えるでしょう。

    保土ケ谷区に出店するとき押さえるべきポイント

    保土ケ谷区の施設・立地情報

    ▶︎ 醍醐(だいご)プラザ

    保土ケ谷区星川町の大型ショッピングモール。多彩な店舗が入居し、日常生活を支えています。

    ▶︎ 保土ケ谷駅周辺

    駅ビル「ビーンズ保土ケ谷」、スーパー「FUJI」、「まいばすけっと」などの商業施設が集積し、利便性の高い地区となっています。

    保土ケ谷駅、保土ケ谷区役所、星川駅を中心に市街地が広がります。また相鉄・星川駅周辺には、図書館、警察など公共施設が集まっており、「横浜ビジネスパーク」もあります。

    保土ケ谷区の交通情報

    保土ケ谷区は、横浜全域および東京方面へのアクセスも良好なエリアです。

    保土ケ谷駅と天王町駅が近距離にあるため、エリア全域でJRと相鉄線の2路線2駅が利用可能となっています。JRは東海道本線と横須賀線が走っています。

    バス交通も横浜市営バス、相鉄バス、神奈川中央交通と各方面を網羅し、移動に困ることはありません。

    さらに第三京浜、首都高神奈川2号三ツ沢線、3号狩場線、国道1号線・横浜新道など、縦横に広がる道路網により、車での移動にも恵まれています。

    保土ケ谷区のイベント情報

    ▶︎ 保土ケ谷宿場まつり

    毎年3万人を集める人気のイベント。フラダンスショーやマジックショー、ゲームコーナー、ステージなど多彩な催し物が楽しめ、多くの人でにぎわいます。

    ▶︎ 箱根駅伝

    新年の人気スポーツイベントで有名な「権太坂」をランナーが通過します。

    保土ケ谷区に出店する際の留意点

    保土ケ谷区には大規模工業地帯跡にビジネスパーク、大規模団地が形成されており、通勤する人や居住者の集客を見込むことができます。

    近隣から集客するための要素は少なめですが、それだけに話題性の高い店舗であれば優位性があります。

    「水」「緑」「歴史」が大きなテーマとなっているエリアであるため、出店の際のコンセプトづくりの参考にしたいところです。

    住みやすく、子育て世代の人気が高いので、ファミリー層向けの出店にも向いています。「住宅エリア」としてのイメージが強いため、ターゲットの選定に留意し、コンセプトを設計する必要があります。

    横浜市全体から比較しても、40代が大きな割合を占めているエリアなので、落ち着いたイメージがあります。一方で大学の存在も考慮に入れ、どの層にアプローチしていくのか十分な検討が求められそうです。

    地味に見られがちなエリアでもアクセスの良さはピカイチ

    歴史に彩られ、水と緑に恵まれた横浜市保土ケ谷区。華やかなイメージはありませんが、どこへ行くにもアクセス良好な住宅地として高い需要があります。坂道の多さはネックでもありますが、立地次第では景観の良さが魅力となるでしょう。一方で子育て世代にも人気が高く、区民が楽しめるスポットは多いものの、外部からの集客につながる要素はあまりありません。出店の際にはそういった特徴を考慮しながら、ターゲット絞り込みを検討していく必要があります。

    横浜市保土ケ谷区のエリア

    横浜市保土ケ谷区のエリア

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  横浜市保土ケ谷区 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    横浜市保土ケ谷区の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!