• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  青梅市 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    	青梅市	のイメージ画像

    青梅市

    青梅市は知れば知るほど魅力満載!出店に役立つエリア情報を紹介

    森林率が全域の6割以上という青梅市は、緑と水に恵まれた美しい街です。年間を通じて都心よりも気温が約1~3℃ほど低く、昨今の猛暑にも過ごしやすい土地柄と言えるでしょう。都心からのアクセスも良いため、休日にはアウトドアや自然の中でのアクティビティを求めて多くの人が訪れます。魅力いっぱいの青梅市について、ビジネス展開の観点を交えながらご紹介していきます。

    市のエリア情報

    青梅市は都心から40~60キロメートル程離れた東京都の西北部に位置し、飯能市・入間市・瑞穂町・羽村市・あきる野市・日の出町・奥多摩町と隣接しています。総面積は103.31平方キロメートル、うち63%を山並みと渓谷が占めているという自然豊かな土地柄です。

    2019年10月現在の人口は13万3千人で男女比はほぼ同率です。団塊世代の人口をピークに、次いで団塊ジュニア世代の層が多く、65歳以上の割合は30.12%。東京都全体では約30.12%であるため、比較的老年人口の割合が高く、生産年齢人口の割合が低いと言えます。多摩川と荒川水系沿いにあり、アウトドア・アクティビティが盛んなため若い世代にも親しまれている街です。

    青梅市周辺の歴史は古く、河川の流域では旧石器時代や縄文時代から集落が形成されていました。さらに弥生時代には稲作が行われるといったように、都内では最大規模の集落が形成されていたといわれています。古代から栄え、人々の暮らしが営まれていたエリアです。

    明治時代は神奈川県の直轄地で、1951年、青梅町・霞村・調布村が合併して「青梅市」が誕生。さらに1955年吉野村・三田村・小曾木村・成木村が編入し、現在に至ります。

    スポット情報

    青梅市の主なスポットには以下のようなものがあります。

    ▶︎ 昭和レトロ商品博物館:昭和30~40年代のさまざまな商品パッケージを収集・展示。ノスタルジックな雰囲気が人気を集めている。

    ▶︎ 昭和幻燈館:「昭和レトロ商品博物館」の別館。青梅から誕生したユニット「Q工房」の作品を展示。

    ▶︎ 青梅赤塚不二夫会館:昭和を代表する漫画家、赤塚不二夫の記念館。

    ▶︎ 青梅鉄道公園:D51形蒸気機関車や0系新幹線など実物車両を展示。

    ▶︎ 釜の淵公園:バーベキューや釣りのメッカとして知られている。

    ▶︎ 吹上しょうぶ公園:およそ200種類10万本もの花菖蒲の名所として知られる。

    ▶︎ 河辺タウンビル:青梅市と財団法人 東京都新都市建設公社による官民協力施設。青梅市中央図書館や温浴施設などが入っており、ガラススクリーンの外観が目を引くデザイン。

    文化・史跡

    青梅市の文化スポットをご紹介します。

    ▶︎ 塩船観音寺:「花と歴史の寺」として親しまれている。真言宗醍醐寺を総本山とする別格本山であり、塩船平和観音立像の慈愛にあふれた姿が印象的。

    ▶︎ 武蔵御嶽神社:「御岳山」のケーブルカー発着駅から続く参道の先にあり、ご神体の大口真神はニホンオオカミ。“おいぬ様”と呼ばれ、愛犬家たちのお参りスポットに。

    青梅市の特徴

    青梅市は東京都内でありながら。豊かな自然を満喫できる街として親しまれています。ハイキングや紅葉狩り、釣り、カヌー、ラフティング、ボルダリングが楽しめるレジャースポットとして幅広い世代に人気です。

    住民の年齢層は高めですが、市では子育て世代の誘致に力を入れており、家賃が世田谷区の半額以下ということからも近年注目されています。

    地域コミュニティがよく発達しており、人情味あふれる温かいつながりが魅力的です。都心とのアクセスも良く通勤・通学の利便性が高いのは、大きなメリットと言えるでしょう。

    青梅市に出店するとき押さえるべきポイント

    青梅市に出店する際にはどのようなポイントを押さえておくとよいのでしょうか。以下にまとめました。

    施設・立地情報

    "青梅駅周辺は中高層のマンションが立ち並び、住工商の混在地域となっています。 その他、出店のエリアの参考となるスポットとしては、東京都道181号の「フォレオ青梅」、「河辺タウンビルB」、千ヶ瀬町の「プラザ5」などが挙げられます。 "

    現在、一時的に空洞化が見られた中心市街地の再開発計画が進行中で、にぎわいを取り戻すための各施策が実施されつつあります。行政は子育て世代を主なターゲットとした定住促進を行っており、平均年齢の低下を目指して生活利便施設といった拠点づくりに力を入れています。

    交通情報

    "JR青梅線で新宿まで約60分というアクセス状況は、青梅市の強みのひとつです。朝の通勤時間帯には始発が16本あり、うち12本は東京行きです。座席を確保し、ゆったりと都心に向かうことができます。 また、首都圏中央連絡自動車道の青梅ICが市内にあり、東名・中央・関越・東北・常磐道へのアクセスが良好です。車移動が多いという人にも、便利な街です。

    イベント情報

    青梅市の主なイベントには、以下のようなものがあります。

    ▶︎ 青梅マラソン:1967年よりスタートしたボストンマラソン姉妹提携の大型イベントで、シティマラソンの草分け的イベント。全国から1万9千人のランナーが参加できる。

    ▶︎ 釜の淵新緑祭:釜の淵公園、釜の淵市民館ほか市内各所で開催される市民祭り。市内外の各団体による歌や踊り、楽器演奏、合唱、おはなし会、腹話術などの発表や、竹細工、木工、「青梅だがし」の体験会など多彩。

    ▶︎ 青梅大祭:12町の山車(だし)が繰り出す歴史の長い祭り。毎年5月2日と3日に開催され、12万人もの人出でにぎわう。

    出店の際の留意点

    青梅市は年間を通じて都心からの行楽客が多い土地柄です。全国的な知名度を誇る青梅マラソンも開催されており、注目される頻度は高いでしょう。出店をする際には、そうした背景を踏まえてどの層にアプローチしたいのかをよく考える必要があります。特に住民層を相手にする業種の場合には、青梅市の高い高齢者率を考慮しながら出店の際のターゲット選定に十分に注意しなければなりません。

    集客スポットは比較的点在しているようですが、市街地回帰の施策と絡めて出店を考えるという方法もあります。青梅市の特性を理解し、住民と外から訪れる行楽客のいずれのニーズをにらむかによって、立地を検討していくことが求められます。

    利便性と自然環境が両立する青梅市

    新宿から直通で60分という位置にある青梅市は、日本史の初期から栄えた歴史を持ちます。東京に住む人からの認知度も高く、手軽に自然が満喫できるスポットが多いため、年間を通して行楽客が訪れる街です。一方で東京の平均よりも高齢化率が高いという一面もあり、出店についてはどの層をターゲットにするのかよく検討する必要があります。市の方針として子育て世代の取り込みに力を入れており、家賃の安さからも将来的な展望に期待が持てます。

    青梅市のエリア

    青梅市のエリア

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  青梅市 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    青梅市の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!