• 居抜き物件・店舗を探すなら居抜き市場
  • 飲食店舗の居抜きでの売却・譲渡・買取りなら居抜き売却市場
  • 飲食店開業応援マガジンRESTA
  • ゲスト様

    ゲスト

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  横浜市磯子区 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    	横浜市磯子区	のイメージ画像

    横浜市磯子区

    横浜市磯子区にはさまざまな顔がある?出店のヒントになる情報を解説

    横浜市のなかでも住みやすさと利便性を誇るのが磯子区です。昭和の初めから別荘地として注目され、高度成長期には工業地帯開発とマンションの建設が進みました。現在はそうした歴史を背景に、住宅地、海と緑、工業地などさまざまな顔をもつエリアとなっています。ここでは出店の参考になる磯子区の基礎情報に合わせ、特徴と出店時のポイントを解説していきます。

    横浜市磯子区のエリア情報

    磯子区の基本情報

    横浜市磯子区の形状は南北に長く、横浜市中心からは東南に位置しています。

    海岸部は根岸湾に面し、周囲に丘陵地帯がある起伏のあるエリアです。丘陵部の斜面と南部エリアには緑地が広がり、都会にありながら自然との距離が近く感じられます。

    磯子区の面積は19.02平方メートル、2019年3月時点での人口は16万6,471人で男女比はほぼ同比率です。

    65歳以上人口は27.2%で、横浜市全体の24.3%よりかなり高めです。住民の平均年齢は47.12歳。横浜市全体が45.7歳であるため、若干年齢層は高いようです。住民の6割が横浜市出身者で、地元への愛着が感じられます。

    磯子区は、1927年(昭和2年)10月に鶴見区、神奈川区、中区、 保土ケ谷区とともに発足しました。1960年ごろから根岸湾の埋め立てが行なわれ、大規模な工業地帯が誕生。1964年(昭和39年)に国鉄根岸線が磯子まで延伸したことで、丘陵部の開発が進められ、磯子駅周辺ではマンションの建設ラッシュが見られました。

    磯子区周辺には縄文時代から集落があり、鎌倉時代、戦国時代を通じて武士の文化が存在しています。

    近代になってからは交通の便が問題となり大きな進化が見られませんでしたが、昭和初期の湘南電気鉄道(のちの京浜急行)の開通によって急速に開発が進み、富裕層の別荘が建てられました。

    磯子区のスポット情報

    ▶︎ はまぎん こども宇宙科学館

    「宇宙」をテーマにした体験型学習施設。科学原理を応用した展示物や遊具などを配置し、楽しく遊びながら学べ、親子連れに人気のスポットです。

    ▶︎ 横浜市電保存館

    約70年間にわたって市民に親しまれた市電の車両や鉄道模型、写真が展示されている。模型を動かしたり、地下鉄の運転シミュレーションをしたりして楽しめます。

    ▶︎ 横浜フィッシングピアーズ 磯子海づり施設

    根岸湾奥に位置する穏やかな海に漁礁が設置されているため、子どもも一緒に楽しめて安全な海釣りができるスポットとして人気。ウミタナゴやメジナ、メバルなど多種多様な釣果が期待できます。

    磯子区の文化財・史跡

    ▶︎ 三殿台遺跡

    縄文・弥生・古墳時代のムラ遺跡。標高55メートルほどの小高い丘の上の平坦地にあり、周囲には貝塚が点在。明治30年代に発見され、「屏風ヶ浦岡村貝塚」の名称で広く知られるようになりました。

    ▶︎ 妙法寺

    江戸時代から知られる梅の名所として広く親しまれた「杉田梅林」の中心地。早春にはしだれ梅の名木・照水梅をはじめとする梅林が華やぎを見せ、境内は多くの人々でにぎわいます。

    磯子区の特徴

    磯子区は洋光台団地のような高度経済成長期に誕生した住宅地、臨海埋め立て地で発展した工業地帯、緑あふれる丘陵地帯と、多様な地域が発達しています。また海釣り施設やヨットハーバーなどがあり、リゾートスポットとしても人気です。一方で、早期から宅地開発されたため、新規分譲住宅地が少ないという面を持ちます。

    日本のなかでも近代化初期に都市開発が進められ、当時最新の都市基盤が完成。快適な生活環境がもたらされました。

    現在も市民の森や緑地帯など、都市型生活を送りながらも自然と親しむ機会が持てるエリアとして人気です。横浜市のなかでも海を近くに感じられる地区であり、居住者の満足度が高いという特徴が見られます。

    横浜市磯子区に出店するとき押さえるべきポイント

    磯子区の施設・立地情報

    ▶︎ 新杉田駅周辺

    駅直結「ビーンズ新杉田」、複合商業施設「らびすた新杉田」。施設内にはスーパーや飲食店、カフェ、薬局、レンタルDVDショップなどが入居しており、利便性に富みます。

    ▶︎ 磯子駅周辺

    市営バス、京浜急行バス、神奈川中央交通、江ノ島電鉄などの利用客が多い場所。工業地帯が近接しており、そこで働く人もターゲットにできるため集客しやすいエリアです。

    ▶︎ 屏風浦駅周辺

    昔ながらの商店が点在。大型商業施設はないが、落ち着いた雰囲気の下町情緒あふれる土地柄です。

    磯子区の交通情報

    JR京浜東北・根岸線・横浜シーサイドライン・京浜急行本線が利用可能です。新杉田駅は区内で唯一、「JR京浜東北・根岸線」と「横浜シーサイドライン」の2つの路線が利用できます。

    桜木町駅まで約15分、横浜駅まで約18分と、そこからJR、京浜急行などを利用して都心部や埼玉県への移動にも便利です。国道16号、横浜市道環状2号、横浜市道環状3号が通っており、道路事情も良好です。

    磯子区のイベント情報

    ▶︎ 磯子まつり

    磯子区総合庁舎付近で毎年9月に開催される。産業道路でのパレード、ダンスステージを始め、区内の学校の合唱団や民謡・演奏などが行われる。屋台や地元の商店も多数出店し、区民総出で楽しむイベント。

    ▶︎ 夏祭り! むかし・なつかし縁日まつり

    櫓(やぐら)を囲んだ盆踊り大会が開催され、昔懐かしい射的や金魚すくいの縁日コーナー、さらに本格BBQの提供などがある。暑さを忘れさせる祭りに、多くの人が集まる。

    磯子区へ出店する際の留意点

    磯子区は横浜市のなかでも治安の良さに定評がある、落ち着いたエリアです。安心して子育てができる街であるため、ファミリー向けの出店も狙い目と言えるでしょう。ただその分娯楽施設が少なく、外部からの若年層集客は難しいと考えられます。

    また、比較的年代が高めの層からも、「おしゃれな店」がないことへの物足りなさの声が上がっています。そうした需要をどうすくい取っていけるのかが、出店成功のカギとなりそうです。

    磯子地区は海岸エリア、山の手など、エリアに多様性があるため、店舗コンセプトによる立地選びが大切です。地域で集客可能となる、ターゲット層のリサーチが重要となるでしょう。

    また、暮らしやすさ・自然の豊かさ・利便性という満足度の高いエリアだけに、その特徴を十分に理解したうえでの出店構想が求められます。

    多様性のなかで選ぶ出店コンセプト

    磯子区は生活圏で不自由なく暮らせる都市基盤が整備され、また首都圏や横浜全域へのアクセスにも恵まれたエリアです。治安の良さが評価されているため、子育て世代にも人気が高く、在住者の6割が横浜出身者という特徴があります。出店を計画する際には土地の多様性に目を向けながら、居住者の属性を理解し、ターゲットを選定することが重要です。事業成功のためには出店場所の立地と、コンセプトの適性を見極めることが求められます。

    横浜市磯子区のエリア

    横浜市磯子区のエリア

    区分
    新着・未公開物件情報
    登録で会員規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

    ※必須

    ×

    居抜き市場トップ  >  店舗物件を探す  >  横浜市磯子区 の居抜き物件、貸店舗情報一覧

    横浜市磯子区の居抜き物件などの貸店舗情報一覧です。

    会員登録(無料)物件の詳細や未公開情報がご覧になれます!