ニュース・特集

4月22日(木)「ショコラティエ パレ ド オール」の新店舗が銀座 5 丁目にオープン!

画像

2021年4月22日(木)カカオ豆から本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ三枝俊介によるチョコレート専門ブランド「ショコラティエ パレ ド オール 」の新店舗を、銀座5丁目・EXITMELSA(イグジットメルサ) 1Fにオープン。
 
今回オープンする新店舗「ショコラティエ パレ ド オール GINZA」は、「クラシックモダン」をテーマにデザインした落ち着いた店構え。銀座店限定の「ザッハトルテ ブラン」をはじめ、大切な人への贈り物や自分へのご褒美にと、様々なシーンで皆様の暮らしを彩るチョコレートやチョコレート菓子がラインナップ。透明でカカオの香りが楽しめるドリンク「ショコラ ネスパ?!」や、カカオから作ったソフトクリームなど、ショコラティエ パレ ド オールならではのテイクアウト商品も用意。カカオの選別・焙煎から全工程を手掛ける、自家製チョコレートをベースにした丁寧なモノづくりを堪能していただける新店舗となっているので注目したい。
 
■銀座オリジナル商品がラインナップ
 
パレドオール カルテット リカーズ コレクション
 
(左)「パレドオール カルテット」(銀座店限定)
4個入1,620 円(税込)・8個入3,240 円(税込)・12個入4,860 円(税込)

ブランドを象徴する円盤型のボンボンショコラ。シンプルなビターとミルクに、カカオバターの搾油から行う自家製ホワイトチョコレートのガナッシュと、自家製カカオパウダーをさらに加えた濃厚な味わいのガナッシュをカルテット(四重奏)の詰め合わせ。
 
(右)「リカーズ コレクション」(銀座店)
5個入2,700 円(税込)・10個入5,400 円(税込)

アルコールをテーマにしたボンボンショコラ。銀座店OPENを機に、お酒のジャンルを飛び超えて楽しむことができる詰め合わせ。
日本酒:獺祭スパークリング/シャンパーニュ:ドン・ペリニヨン/ウイスキー:ザ・マッカラン18年/ブランデー:ヘネシーX.O/ワイン:ケンゾーエステートrindo
 
ザッハトルテ ブラン ケーク パレドオール ブラン(フロマージュ)
 
(左)「ザッハトルテ ブラン」(銀座店限定) 約13cm 3,888円(税込)
ウィーンの古典菓子であるザッハトルテを、自家製ホワイトチョコレートを使ってアレンジした、他にはない“白いザッハトルテ”。生地に浸み込ませたウイスキーの上品な香りとカカオの香りがお互いを高め合い、グラズール(糖衣)のシャリッとした繊細な食感が心地良いホワイトチョコレートのケーキ。
 
(右)「ケーク パレドオール ブラン(フロマージュ)」 約13cm 2,916円(税込)
チーズの芳醇な香りが広がるしっとりとした濃厚バターケーキ。カカオバターの搾油から手掛けた自家製ホワイトチョコレートを配合し、奥行きのある飽きのこない味わいに仕上げています。
 
■限定展開だった “ソフトパレドオール”も登場
 
ソフト パレドオール ブラン・ノワール・ランデブー
 
「ソフト パレドオール」 左からブラン・ノワール・ランデブー 648円(税込)
自家製のカカオパウダーを使用したドリンク“ビーン トゥ ココア”など、銀座歩きの新しい楽しみのひとつに加えていただけるテイクアウト商品もご用意しています!
 

ショコラティエ パレ ド オール シェフ 三枝俊介 シェフ三枝俊介

  • Profile大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」で洋菓子界の重鎮 故・安井寿一氏に師事。1991年に独立しパティスリーを展開。フランス・リヨンの巨匠 故モーリス・ベルナシオン氏と出会い、ショコラティエとしての薫陶を受けた後、本格的なチョコレート専門店「ショコラティエ パレ ド オール」を2004年大阪に、2007年東京にオープン。その後、カカオ豆からチョコレートまで全工程を自社で手掛けるBean to Bar(ビーントゥーバー)工房「アルチザン パレドオール 清里」を2014年にスタート。2019年には世界に先駆けてホワイトチョコレートの Bean to Bar ブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」をオープン。

 

ショコラティエ-パレ-ド-オール イメージ図SHOP INFO

  • 店舗名ショコラティエ パレ ド オール GINZA
  • 住所東京都中央区銀座5-7-10 中村積善会ビル EXITMELSA1F
  • 営業時間11:00~20:00 定休日:施設に準ずる

「ニュース・特集」の関連記事

関連タグ

「ニュース・特集」記事の一覧