ニュース・特集

150種類以上のお酒が飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」が秋葉原に新規オープン!

画像

■オンラインストア「KURAND(クランド)」の直営店が秋葉原にオープン
リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:荻原恭朗)は、全国各地の酒蔵と提携し、日本酒を中心としたオリジナル商品を開発・販売するオンラインストア「KURAND(クランド)」の直営店となる、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」を、2019年8月14日(水)東京の秋葉原にオープンしました。
日本酒を中心に焼酎・梅酒・果実酒を含む150種類以上のお酒が飲み比べできる同店は、関東近郊に6店舗(池袋・渋谷・新宿・上野・新橋・横浜)展開しており、秋葉原に出店するのは今回が初となります。

 

【KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)とは?】

全国各地のまだ表に出ていない、個性的な蔵元がこだわり抜いて造る100種類以上の日本酒が、時間無制限で飲み比べできる日本酒専門店。基本プランの時間無制限3,240円(税込)プランをはじめ、90分2,160円(税込)、30分1,080円(税込)の入場料を支払えば、時間とお金を気にせず、ゆっくりと日本酒を飲み比べることができます。お好きな日本酒を自由に冷蔵庫から取り出して、自分の好きな量だけ注ぐセルフスタイルが特徴。さらに、料理やおつまみの持ち込みも無料でできます。

 

クランド酒マーケットでチョイ飲み
クランド酒マーケットセルフスタイル

 

■サブカルチャーの聖地「秋葉原」、オフ会にもオススメ
秋葉原はアニメやゲームなど、日本が誇るサブカルチャーの聖地として有名ですが、買い物客やビジネスマンはもちろん、外国人観光客でも賑わいます。
秋葉原は、日本酒をはじめとする國酒を日本国内はもちろん、海を超えた世界へ発信するのに適した立地と考えてのオープン。
今後は、秋葉原のメインストリートという好立地を生かして、秋葉原限定のプランや、アニメやゲームなどとコラボしたキャンペーンなども検討していくとのこと。
内装にもこだわり、日本酒の世界観を感じていただきつつ、カジュアルに日本酒を楽しめる空間になるように工夫をしているほか、コンセントやモバイルバッテリー、トランプなどの簡単なカードゲームなども無料で貸出しているので、ゲームをしながらお酒を飲む「オフ会」などにも利用しやすくなっています。

 

■ビジネスマンや観光客に向けた「“杯売り”プラン(立飲み)」が新登場
基本プランの時間無制限飲み比べし放題プラン(着席)に加え、1杯だけ飲みたいという近年高まる「ちょい飲み」需要と、外国人観光客の「試し飲み」の需要に応え、1杯500円(税込)から販売する”杯売り”プラン(立飲み)が新たに登場。
入場料3,240円(税込)の「時間無制限」や今回導入する「杯売り」プランの他にも、30分1,080円(税込)、90分2,160円(税込)のプランもあり、0次会や仕事帰りのちょっとした時間などにも対応したプランも設けているので、日本酒を中心とした國酒を、都合に合わせて選べるような設定になっています。

 

クランド酒マーケット004小皿料理

 

■フードも充実、そして秋葉原グルメの持ち込みが自由
「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」は、料理の持ち込みや出前もできるので、グルメな街としても知られる秋葉原グルメを自由に持ち込めます。
さらに、「杯売り」プランの導入に伴い、お酒に良く合うフードを他の系列店よりも充実させ、10~20種類の小皿料理を提供します。日本酒と料理の相性は無限大の可能性を秘めているとの思いから、和食のみならず様々な料理が登場します。
またお酒も、日本酒以外に焼酎20〜30種類、梅酒・果実酒30〜40種類の合計150種類以上あるので、好きなお酒と料理とのペアリングが楽しめます。

 

 

店舗概要

  • 店名KURAND SAKE MARKET 秋葉原店
  • 住所〒101-0021 東京都千代田区外神田4-4-2 HULIC & New AKIHABARA 10F
  • 席数座席 / 26席・立席 / 18席(合計:44席)
  • TEL03-5244-4399
  • HPhttp://kurand.jp/sakemarket/akihabara/
  • オープン日2019年8月14日(水)
  • 営業時間平日17:00~23:00(22:45LO)
    土日12:00〜16:00 (15:30LO)17:00~23:00(22:45LO)

 

「ニュース・特集」の関連記事

関連タグ

「ニュース・特集」記事の一覧