繁盛店への道

FC展開をするために必要なことは?FC展開の利点・欠点、注意事項を解説

画像

経営している飲食店の業績が好調で、さらに事業を拡大したいと考えている方もいるでしょう。FC(フランチャイズ)展開はそんな経営者にとって、事業拡大のために効果的な方法です。しかし、FC展開と聞いたことはあるけれど、具体的に何をすればFC化できるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回はFC展開のために必要な手続きとメリット・デメリットについて解説します。

 

FC(フランチャイズ)展開とは

FC(フランチャイズ)とは、FC本部の経営を行う事業者と、FCに加盟した個人や法人が契約を結び、それによって加盟チェーンの商標やブランドの使用権、サービスや商品の提供権を得られるというビジネスモデルです。

契約時には加盟店から本部に加盟金や保証金を支払い、その後も加盟店は「ロイヤリティ」と呼ばれる権利対価を継続的に支払うことになっています。

FC展開の条件

FC展開をするためには本部と加盟店舗、両方に安定的な経営がなされていることが不可欠です。そのため、以下の事柄がFC展開の条件になっています。

  • 自社のビジネスモデルが成功していること
  • 店の経営フォーマットができ上がっていること
  • 規模が一定以上で、将来性があること

FC展開の手順

FC展開をしていくための手順は、おおむね以下のようになります。

  • プロトタイプの設計
  • プロトタイプ店舗による検証
  • 理念構築と本部事業計画決定
  • 組織体制決定
  • 本部パッケージ設定と加盟条件の確立
  • 加盟契約書と法定開示書の作成
  • 加盟店募集のための宣伝
  • 店舗物件の決定
  • 加盟契約締結と店舗内装・外装工事
  • 開店前研修
  • 開店と開店後の研修

 

FC展開のメリットとデメリット

では、FC展開を行うことにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

FC本部を固めたうえで事業展開を行うメリットには、以下のようなものがあります。

  • 短期間で事業規模拡大が可能

少ない資本で多店舗を展開できることがFCの魅力ですが、それは短期間で事業規模を拡大できるということを意味しています。
地域規模で多店舗展開ができれば、その地域におけるマーケットシェアをFC本部が握ることも可能で、全国規模で展開していくと、今まで来店の機会がなかった顧客へ自社商品やサービスを提供可能になります。

  • 店舗数が増えることで売り上げが良くなる

店舗数が増えれば当然その分の利益も上がることになり、顧客の店舗認知度も上昇します。

  • 原材料や技術提供による収入が入る

FC本部は原材料や商品、経営ノウハウを加盟店へ向けて提供し、その対価としてロイヤリティが発生します。

デメリット

FC展開にはメリットだけではなく、以下のようなデメリットも存在します。

  • 本部ノウハウを作成し、研修をするためにはコストがかかる

FC本部形成のためにはマニュアルや契約書の作成、研修の開催など、多くのコストが必要です。

  • 本部の方針やサービスが徹底されないことがある

FC本部の方針やサービスについては、直営店舗の方が徹底される傾向にあります。本部と加盟店の経営者が違うためであり、本部の方針やサービスを徹底してもらうためには加盟店側の経営者を説得する必要があります。

  • サービスや商品の質が一定に保たれにくい

こちらも上述と同じ理由で、サービスや商品の質が保たれないことがあります。また、この問題を解決するためには、初期研修を徹底する必要があるでしょう。

  • 技術流出対策が必要

技術流出対策についても、加盟店の場合は直営店より徹底されない傾向があり、ノウハウ守秘とリスク管理の徹底を求める必要があります。

  • 募集経費がかかる

加盟店を募集するためには、ポータルサイトの立ち上げや広告宣伝などによって集客を図らなければなりません。それにより、説明会への参加人数は増えますが、宣伝のための経費がかかります。

 

FC展開における注意点

FC展開を行う場合は、いくつか注意点があります。特に気をつけるべきことが、「ロイヤリティの未払い」です。

ロイヤリティ未払いに注意する

ロイヤリティ未払いを防ぐには、契約書の確認や加盟店に対する指導などを徹底するようにし、もし未払いが発生した場合は繰り返し催促したり、契約締結時に受け取った保証金から回収したりしましょう。

そのほかの注意点

そのほかの注意点は以下の通りです。

  • 売り上げ予測を確立するときに楽観視しない
  • 商標登録を済ませる
  • 勧誘行為が法律違反にならないようにする
  • 加盟店に一定の間、競業避止義務を課す
  • 既存加盟店の近くに店を出させない

 

まとめ

現在、さまざまな飲食店がFC展開を行っています。しかしここで述べたようにFC展開にはデメリットや注意点が多くあり、仮にFC化するのであれば、よく注意して行わなければなりません。
もしも、FC経営を始めるのであれば、弁護士に相談する、詳細な情報を得るなどしてから着手するようにしてください。

 

飲食店開業応援マガジン[RESTA(レスタ)]編集部

 

関連情報

関連タグ