開業レポ

飲食店開業者インタビュー VOL.4 鮮魚仲卸直営 神楽家 神尾洋一さん 「鮮魚仲卸直営だからこその強みを生かしたい」と共同パートナーと念願の独立

画像

2018年4月、長年の夢だった独立を果たした、神尾洋一さん。
共同パートナーは、鮮魚仲卸企業ということもあり、鮮度抜群の刺盛が名物メニューとなっています。物件取得の際に、近隣のリサーチはあまりしなかったとのことですが、
企業人をターゲットとした店舗コンセプトはかなりマッチしている様子。
オープン後、3カ月の率直なお気持ちを伺ってまいりました。

 

―以前の店舗も居酒屋だったと伺っていますが。

(神尾さん)
はい、その通りです。以前のお店は1年ほどで退店したようなので、トイレ、水回りなどがとても綺麗で、そのまま使用しています。物件を見ている中で、水回りというものはとても重視していました。
カウンター、照明はそのままですが、その他はかなり手を加えましたね。
床、壁紙、椅子、テーブルもすべて変更、調理器具も入れ替えました。

 

鮮魚仲卸直営「神楽家」の内装

 

―居抜き物件と言いつつ、かなりのテコ入れですね。

(神尾さん)
そうなんです。共同オーナーがいるので、心強いですが、想定よりも数百万出費が嵩んだのも事実です。しかし、ゆったりと食事を楽しんでいただけるように、ソファ席にしたり、自分たちの個性を出すための演出は必要だと思いました。
なぜならば、近隣の方々の情報によると、6年で3~4件入れ替わっているとのこと。
「今回は長く続くよう頑張ってね」とのお言葉も頂いたりして、
“本気を出して勝負しないと”、と一層気を引き締めています。

 

―この物件に決定した決め手は何だったのでしょうか。

(神尾さん)
私が千葉在住なので、通勤が便利という点、そして共同オーナーの希望は千住か上野あたり。それらの希望が満たされて、場所、サイズ感、居酒屋の居抜きということがベストマッチしていました。それまで20軒以上見ていたので、妥協はする気はありませんでしたので、この物件は二人で見て、ついに出会ったと、納得して決めた物件です。
契約を2017年11月に行い、家賃発生は3月からに調整をしていただきました。
オープンは4月2日だったので、本当にアッという間でしたね。

 

―オープン後の反響、ならびに客層はいかがでしょうか。
(神尾さん)
まずは知っていただかないと、と思い、クーポンサイト「LUXA」に掲載したところ、4日間で500チケットが売れるという、うれしい反響がでました。平日のビジネスマン頼りの立地ということも有って、このチケットが、土曜の集客に繋がっています。
近隣の企業挨拶も徐々に進めていて、すでに常連になっていただいている方もいらっしゃいます。「ランチも営業してよ」なんてお声も頂くほどファンになってくださっている方も。本当に、有難いです。

 

―店舗運営にかかわるスタッフ人数はどれくらいですか?
(神尾さん)
厨房はすべて私が担っています。ホールに1名社員がいて、あとはアルバイトが1名です。店舗を営業する意味では今までの経験が生きていますが、独立によって、会社経営という新しいハードルが出てきているので、色々勉強になっています。

 

―店名、ロゴに込められた思いなどを教えてください。

(神尾さん)
まさに字のごとくなのですが、「神楽家」に込めた思いは、
“私(神尾)が、楽しませるお店でありたい“ということですね。
ロゴデザインはプロの方にお任せしましたが、写真撮影、メニューなどは自身で作成しています。調理人でPCにアレルギーがないのは、珍しいとよく言われるのですが、
こんな時に、短くともSEだった経験が生きています(笑)

 

鮮魚仲卸直営「神楽家」の店主 神尾洋一さん

 

―最後に、これからの抱負をお願いします。
(神尾さん)
まだオープンして3カ月なので、振り返りまでできていないというのが素直な気持ちです。毎日の営業に必死に向き合っているため、大変なことも有りますがとても充実しています。これからもっとお客様に楽しんでいただける店つくりを目指していきたいと思います。

これから独立する方へ アドバイス 3箇条

  • 其の1. これだけは負けないという武器(看板商品)を持つ。
  • 其の2. 物件は妥協せず、納得いくまで探そう!
  • 其の3. どんな経験もこの先の糧になると思って努力を。

 

お店ができるまで

  • 2017年夏頃から物件探しを開始
    20件ほどの物件をチェックするものの中々出会うことができず・・・
  • 2017年11月現在の物件と出会い、契約
  • 2018年4月2日上野広小路にオープン!

開業資金内訳

  • 借り入れなし
  • 物件取得費650万
  • 内装、施工費他    650万

 

おすすめ料理

鮮魚仲卸直営「神楽家」の神楽盛り鮮魚7種程度

神楽盛り 鮮魚7種程度

鮮魚仲卸直営「神楽家」獺祭飲み比べ

獺祭飲み比べ

鮮魚仲卸直営「神楽家」彩り野菜のかにみそディップ

彩り野菜のかにみそディップ

 

店舗情報

  • 店名鮮魚仲卸直営 神楽家
  • 業態居酒屋
  • 住所東京都台東区上野1-16-22
    上野東神ビル1F
  • 交通東京メトロ・銀座線上野広小路駅徒歩3分
    千代田線湯島駅徒歩3分
  • TEL03-5817-8635
  • 営業時間17:00~23:30(LO23:00)
  • 定休日日曜、祝日
  • 席数24席(内カウンター:4席)
  • オープン日2018年4月2日
  • 客単価¥5,000~
  • HPhttps://www.facebook.com/kaguraya/

鮮魚仲卸直営「神楽家」の外観

店主経歴

SEとして1年勤務後、学生時代アルバイト経験を活かし、調理の道へ。
和食店を中心に立ち上げ業務などにも携わりつつ15年のキャリアを経て、独立。
調理に加え、写真撮影、メニュー作成と多岐に渡る業務ができるのが店舗運営のコストダウンにつながっている。

 

取材・文 青山友美 食専門のPR企画&編集・ライターとして活動中

関連情報

関連タグ