開業レポ

注目新店舗インタビューvol.12「MELON LAB.(メロンラボ)東大宮西口店」コロナ禍で、異業種からの新規チャレンジ!

画像

2021年2月13日に東大宮駅近くにオープンした「MELONLAB(メロンラボ)」。

サクッとふわふわなメロンパン(商品名:あのメロンパン)、アップルパイを中心に近隣の方々に愛されています。こちらのお店をオープンさせたのは、uluAllen株式会社代表の辰巳美代子さん。なんと、本業は美容師として美容室の経営もこなすスーパーウーマンです。今回のオープンは、コロナの影響により多方面からの収益を考えてとのことでした。

MELONLAB メロンパン

―オープンから順調な滑り出しだと伺っておりますが、状況を教えていただけますか。
(辰巳さん)はい、お陰様で大変好評をいただいています。2月13日にオープンしたのですが、オープン時には2時間の行列ができるという光景に私自身が驚いたほどです。

―2時間ですか??!!どんなPRをされたのでしょうか。
(辰巳さん)いえいえ、お店のインスタグラムで先着100名様に「あのメロンパン」のプレゼント告知はしましたが、それ以外は大きなPRというものはしていません。工事中に、お客様が「何ができるの?」とお声掛けいただくことは多く、その際には、お店の説明をしてビラをお渡ししたという感じです。

―本当に反響が素晴らしいですね、辰巳さんが今回オープンしたきっかけを教えてください。
(辰巳さん)まさに、コロナの影響ですね。素直に。私は大宮で12年間美容室を経営しているのですが、緊急事態宣言などで売り上げも減少し、不安に思っていたんです。そんな時に、知人がこちらのFCビジネスを紹介してくれました。まったく異業種からの参入でもFC本部の手厚いサポートがあるということで、チャレンジをしてみよう!と決断したのです。

 MELONLAB 辰巳美代子さん

―すごい決断ですね。現在も美容師もされているんですよね。
(辰巳さん)もちろんです。今は、基本的に美容室のシフト外の時にこちらのお店の厨房に入っています。FCということで、パンを焼き上げる工程もすべてマニュアル化されているので、私がいない時は、パートやアルバイトさんの協力でお店が回っているのです。店内席もありませんので、テイクアウトのみというのもチャレンジした理由ですね。

―この駅近物件に決めた理由を教えてください。
(辰巳さん)これはほぼFC本部のサポートのよるところが大きいですね。償却までのスケジュールをはじめ、物件リサーチもすべて頼ったというところが正直なところです。昨年末から今年の1月ごろに内見し決定したのですが、まだ前のお店が経営されていましたね。7坪、駅前立地ということがかなりリスクを軽減していると思います。

 MELONLAB(メロンラボ)

―甘い香りが心地よく漂い、お客様が吸い寄せられてきているように思います。
(辰巳さん)そうですね、オープン日は、駅を降りただけで甘い香りが届いていたようですよ(笑)。お店のメニューはメロンパンとアップルパイなのですが、ベースメニューの他に、2週間に一回、それぞれに新メニューが登場するスキームになっています。そのため、新しい味を求めて、お客様が定期的に足を運んでくださるのです。

―なるほどですね。では、間違いなく売り上げも好調ということですね。
(辰巳さん)ありがたいことに、目標は達成しています。想定外の支出などもありませんし、スタッフ募集はインスタグラムで公募して集まりました。

―お話を伺っていると、愉しくて仕方がないというエネルギーが伝わってきます。
(辰巳さん)そうなんです。仕事なんですけれど、仕事という感覚があまりないんですよね(笑)。もう、次の店舗物件も探し始めたいなと思っています。

―本当にパワフルですね。まだまだ不安定なコロナ禍ですが、元気になるインタビューありがとうございました。この先も応援しています!

あのメロンパン 220円(税込)【あのメロンパン 220円(税込)】

店舗概要

  • 店名MELON LAB. 東大宮西口店
  • 住所埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-17-18 八木泉第2ビル1F
  • TEL080-3580-0378
  • 営業時間月~日 10時~20時 *売り切れ次第、終了となる場合がございます
  • 定休日不定休
  • IG@melonlab.higashiomiya

6


取材・文 青山友美 
 食専門のPR企画&編集・ライターとして活動中

「開業レポ」の関連記事

関連タグ

「開業レポ」記事の一覧