ニュース・特集

4月13日(火)〜8月までの期間限定で販売!一度食べたら忘れられなくなる! 究極のマンゴーサンドが誕生!

画像

株式会社fruits and season(本社:東京都渋谷区、代表取締役:芳賀大佑/取締役:西山知義)が運営する日本初のヴィーガンフルーツサンド専門店「fruits and season」は、4月13日(火)〜8月までの期間限定で、日本最高峰の宮崎産完熟マンゴーを使用した究極のマンゴーサンド(¥3240/予価)を発売します。
 
■数量限定! 本当においしい完熟マンゴーのみでつくる、究極のフルーツサンド
味はもちろん、香り、色、外観、すべての要素が日本最高峰の宮崎産完熟マンゴー。マンゴーの規定は非常に厳しく、サイズ、ランク、糖度、さらには市場と、4つによってクオリティが決まっています。今回使用するのは、“行列ができる”フルーツサンド専門店「ダイワ中目黒」を運営する愛知県岡崎市の八百屋「ダイワスーパー」の目利きが選び抜いたフルーツだけ。
 
4月〜8月は、ただでさえ規定が厳しく、貴重な宮崎マンゴーのなかでも、糖度が13度以上の完熟マンゴーを、5月〜7月は完熟マンゴーの傑作「太陽のタマゴ」を使用することも(その日本当においしいものだけを仕入れるため、使用するマンゴーは当日の仕入れ状況によって異なります)。「太陽のタマゴ」はランクがA以上、糖度が15度以上、大きさが2L〜5Lを指す、“マンゴーのなかのマンゴー”。宮崎県産マンゴーの生産量の約15%と、希少で入手困難なフルーツです。
 
 fruits-and-season フルーツサンド
 
「fruits and season」では、「太陽のタマゴ」を含む宮崎県産完熟マンゴーをサンド1点につき1/2個たっぷり使用。宮崎県産完熟マンゴーの魅力は、濃厚な甘み、クリーミーでとろけるような食感とみずみずしい果汁、強く鮮やかな色味、華やかな香り。スイーツさながらの贅沢な味わいをお楽しみいただけます。
 
 fruits-and-season 店内
 
■日本初のヴィーガンフルーツサンド専門店「 fruits and season」
2021年1月に恵比寿にオープンした日本初のヴィーガンフルーツサンド専門店。フルーツは“行列ができる”フルーツサンド専門店「ダイワ中目黒」でも知られる愛知県岡崎市の八百屋「ダイワスーパー」が毎朝市場で選び抜いたフルーツと一部、産地直送のフルーツを使用。
 
フードロスにも配慮し、フルーツをできる限り丸ごと使用するほか、端など不揃いの部分をいかしたサンドのほか、安心・安全な食への意識の高まり、そして食の嗜好における多様性の広がりを受け、乳や卵をはじめとする動物性食品を使用しないヴィーガン対応のフルーツサンドのみを販売。豆乳をベースにした自家製クリーム、白砂糖不使用のオリジナル豆乳パンを使い(※白砂糖の代わりに甜菜糖を使用)、カロリーは通常のフルーツサンドの約1/3程度。罪悪感のない、心から楽しめるフルーツサンドを提供しています。
 

店舗情報

 
 fruits-and-season エントランス
 

「ニュース・特集」の関連記事

関連タグ

「ニュース・特集」記事の一覧